希有日記|Keu Blog

プライム会員向けに容量無制限のフォトストレージサービス「プライム・フォト」が開始

プライム会員向けに容量無制限のフォトストレージサービス「プライム・フォト」が開始

プライム・フォト日本上陸


Amazonがまたまた革命的なサービスを開始しました。その名も「プライム・フォト」。

Amazon_co_jp___通販_-_ファッション、家電から食品まで【通常配送無料】

Amazonではプライム会員向けに様々なサービスを提供しており、その特典はプライムビデオ見放題、ミュージック聴き放題と、ここ数ヶ月で魅力的なコンテンツが着実に増えている。年会費は3900円のまま変わらず、他のいろんなウェブサービスを飲み込んで全方位カバーしちゃうような勢いで発展するAmazon、おそロシア。Amazon税なんて言われたりしているぐらい、そのうち、Amazonプライムがないと生活できない感じになっていくのかな(笑)


そんなAmazonだが、すでに展開しているストレージサービス「Amazon Cloud Drive」にプライム会員向けに新たに”無制限のフォトストレージ”が追加されるという形でプライムフォトが登場した。すでに様々な企業がフォトストレージサービスを展開する中で、今回の「プライム・フォト」はフォトストレージ業界に大打撃を与えることになるか。

プライムフォトはその名の通りプライム会員にむけての特典となる。プライム会員であれば、追加費用なしで利用できる。実際に使っていないのでなんとも言えないが、Hiram Softwareという企業が実際にプライムフォトを利用し、300GB分のデータを保存したという内容の記事を書いている。

storage-after-night-upload

ここには、保存データ量が339.6GBとなっているのが確認できる。この中には写真データの他にRAWファイルも含まれているとのこと。こうしたフォトストレージでヘビーユーザーから重要視されそうなのは「写真がオリジナルのままの状態」で保存されているのかどうかだ。このブログの筆者は、実際にJPEGファイルはもちろんRAWファイルもオリジナルのままの状態で保存されていると書き記している。つまり、無圧縮で無制限に保存できるというわけだ。

これってひょっとしてすごいんじゃ・・・?

Googleが同様の無制限アップロードを展開しているが、こちらは再圧縮されたり最大画像サイズが制限されているのでオリジナルの写真を残すことができない。その点において、プライムフォトは最高の条件でサービス展開してきた。

Amazon公式ヘルプによると・・・

Amazon_co_jp_ヘルプ__Cloud_Driveに対応している写真とパーソナルビデオのファイル

JPEG、BMP、PNG、TIFF形式に対応していると書かれている。当然、動画ファイルは対象にならないので気をつけたい。対応外のファイルについては通常のなんでもOK=5GB分の無料ストレージを消費することになる。動画が無制限ならもっとすごいのだけれども。

とにかくヘビーフォトユーザー、特にRAWファイルの保存場所に困っているという人には、今回の機能追加は素晴らしく価値のあるものではないだろうか。そしてこれだけの機能が月額325円で提供されるというのだから、末恐ろしい。

Twitterではすでに、「このサービスのためだけにプライム会員になろうかな」という声が上がる一方で、「サービス内容について魅力的だが、サービス終了がこわい」とサービスが持続するか心配する声や、「拡充とともに年会費が上がっていくのではないか」という懸念の声も上がっている。

まだ、Dropboxのように同期するような機能は備えていないので、あくまでも写真のバックアップ先の一つとして考えるのが良いのだろうか。アップロードに結構時間がかかるなど、大容量のファイルを扱うにはまだ少々問題を抱えているプライムフォト。本格的に使えるのかどうか、当面は予備のバックアップぐらいから使ってみるのがいいのではないか。

 

ぼくについて

KEU (けう)
京都に住む男子学生。ガジェット系レビューを中心に気ままに書いてます。新しいもの好き、とくにApple製品は大好物です。趣味はピアノを弾くこと、写真を撮ること、そして寝ることです。

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Facebook

Return Top