希有日記|Keu Blog

【Premiere CC】謎の音ズレ。編集中に起きた怪奇現象。

【Premiere CC】謎の音ズレ。編集中に起きた怪奇現象。

最初はあってるのに・・・


Adobe Premiere Pro CC (2015)でマルチカメラ編集中に奇妙な不具合に遭遇した。

prproj

(画像はイメージです)



MOVやMP4などファイル形式の異なるカメラで撮影した動画ファイルを一度にタイムライン上に並べた上で、音声ファイルと映像を切り離して編集をしていた。すると、動画の最初は確かに合っているはずの音声と映像が中盤あたりになると何故ズレる。大体1秒くらい。
そしてさらに不思議なのが、映像の最後の方でまた元に戻る。
一体どこでズレが発生してどのように元に戻るのか、オーディオ波形を見ていてもわからない・・・。

元ファイルはもちろんズレていないし、Adobeの動画変換ソフトでエンコードを通しても同じ現象が起きることからAdobe特有の問題なのかもしれない。動画ファイルはすべて固定フレームレートの59.94fps。

とにかく、なんとしても解決にもっていかなくてはいけなかったため、手持ちのWindows機に動画ファイルを移して「XMedia Recode」で再エンコードを行った。変換したファイルをPremiereに読み込ませて、無事に音ズレなく書き出せた模様。
解決策というよりは回避策だけど。

Xmedia

XMedia Recodeはフリーソフトだけど、本当に扱いやすくておすすめ。

ぼくについて

KEU (けう)
京都に住む男子学生。ガジェット系レビューを中心に気ままに書いてます。新しいもの好き、とくにApple製品は大好物です。趣味はピアノを弾くこと、写真を撮ること、そして寝ることです。

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Facebook

Return Top