希有日記|Keu Blog

格安SIMで迷ったらこれ!僕がIIJmio(みおふぉん)を勧める5つの理由。

格安SIMで迷ったらこれ!僕がIIJmio(みおふぉん)を勧める5つの理由。

格安SIMならIIJmioがおすすめ。




IMG_4278

僕がずっと使い続けている、格安SIMがあります。IIJmioが提供する「みおふぉんSIM」です。

評価がとても高い理由は高速、安定、低価格と三拍子揃っていたからです。他にも似たような料金形態の格安SIMは数多く存在しますが、IIJmioの格安SIMは頭ひとつ突き出た魅力がありました。

IIJmioは常に格安SIM(MVNO)業界の先頭に立っていた、とすら言えるのです。2014年の夏くらいのこと、当時データ通信専用SIMの場合、1GBで900円程度が相場だったころのことでしょうか。

IIjmioは突如料金はそのままで1GBから2GBへとデータ量を増やし始めます。さらに2015年4月からはそのデータ量はなんと3GBにまで進化を遂げます。これに続いてほかの業者がデータ量を増やすといった処置をとる形に。

またユーザーが着実に増えてきている今、速度品質低下を招くこともしばしばありますが、懸命にインフラを維持し、改善やサービス向上を図っていくIIJmioは格安SIMを提供するMVNOの中でリーダー格的存在であると言えます。

スクリーンショット_101415_052821_PM

上にも書きましたが、急速に大手キャリアから格安MVNO業者へと乗り換える人が急増しています。例えば、データ量が一番多いファミリーシェアプランでは10GB2560円でSIMカードを三枚まで発行することができるため、家族間で10GBを分け合って使うことができます。そうすると、3人分の家族の携帯代を月3000円以内に収めることができます。
現在、さまざまなプラン形態が各社から出ていますが、既存の契約している大手キャリア(auやdocomo、SoftBank)から乗りかえたいと考えている場合はIIJmioのSIMを選べば間違いないと思われます。なぜなら。

通信速度が安定している。


一口に格安MVNOといってもその内容は様々。当たり前ですが安ければ良いわけではなく、通信品質に問題のある会社だってないとは言えません。ひどいものだと、通信がタイムアウトしてしまい、まともに速度測定すらできない時間帯があったりするものだってあります。

IIJmioは平日昼間(12~13時)を除けばほぼ安定して10Mbpsほどの速度がでます。これってすごいことですよ。

3日間1GB制限ナシ。


これは使い方によっては大きなメリットではないかもしれませんが、3日1GB制限がないのもグッドですよね。契約プランのデータ量の上限まで制限なく使用できます。

ただし、低速モードのときだけ「一日366MB制限」がかかるので注意。200Kbpsからどれくらい制限されるのかは非公開だそう。あくまで低速モードの時のみの制限なので、高速モードにすれば解除されます。

低速通信時も「バースト機能」で、けっこう快適。


これはIIJmio系SIMの特徴ともいえますね。クーポンを使用しない低速通信時にページを表示したとき最初少しの間だけ高速通信になるという「バースト機能」。これのおかげで高速通信オフのときでもTwitterやLINEなどの文字ベースアプリであれば、ほぼ不自由なく使うことができます。また、今となっては当たり前になってきましたが、わざと低速モードにしてクーポン量を使用しないようにできる高速通信のON/OFF設定が専用アプリから簡単に設定変更可能です。

っていうか、ぶっちゃけ低速モードでもバースト関係なく200Kbps以上でてます。

サービス体制がすばらしい。


SIMカードの発行や再発行までにかかる期間は一週間程度とされていますが、僕の場合は三日間ほどで手元に届き、その対応の速さに驚いたのを覚えています。サポート体制も非常に良く、問い合わせしたらその日中か、翌日にはお返事をもらえます。これが結構うれしい。

余った容量は翌月に繰り越せる


使わなかった分のデータ量を翌月に繰り越すこともできます。3GBプランの場合、1GBだけ使ったら、翌月は5GB使えることになります。

 

ほかにも、VoLTEが使えたりするのもIIJ系SIMのいいところですね。迷うなら、とりあえずみおふぉんにしてみたらいいんじゃないかな。

ってことで、僕のオススメ格安SIM事業者でした。

ぼくについて

KEU (けう)
京都に住む男子学生。ガジェット系レビューを中心に気ままに書いてます。新しいもの好き、とくにApple製品は大好物です。趣味はピアノを弾くこと、写真を撮ること、そして寝ることです。

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Facebook

Return Top