希有日記|Keu Blog

【iOS 10】ステルスSSIDは危険?"非公開ネットワーク"に対してセキュリティに関する勧告が。

【iOS 10】ステルスSSIDは危険?

セキュリティに関する勧告

iOS10にアップデートをした僕ですが、気になる表記を見つけてしまいました。

[Wi-Fi]の中の"セキュリティに関する関する勧告"というメッセージ。iOS10から追加されたWi-Fiセキュリティに関するガイダンス機能だ。

このメッセージ、タップすると詳細が見られるようになっています。

サラッと恐ろしいことが書かれている

 SSIDとは無線のネットワーク名を示すもので、周りの機器に同士が識別し合えるように公開(ブロードキャスト)されるものです。

そして”ステルスSSID”とは、アクセスポイント(ルーター)が積極的にSSID発信しないようにを設定すること。つまり、端末からアクセスポイントを検索しても、すぐには見つけることができないようにすることです。 ですが、このステルスSSIDはあくまでもアクセスポイントの積極的なSSIDの発信を制限するもので、完全に周囲から見つけられないようにするものではありません。

SSIDを非公開設定にしたところでセキュリティ強度が増すものではないことは当然理解していますが、この文章だと非公開ネットワークにとりわけ問題があるように読み取れます。

(つづき書いてる途中)

ぼくについて

KEU (けう)
京都に住む男子学生。ガジェット系レビューを中心に気ままに書いてます。新しいもの好き、とくにApple製品は大好物です。趣味はピアノを弾くこと、写真を撮ること、そして寝ることです。

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Facebook

Return Top