希有日記|Keu Blog

任天堂新作ゲーム”スプラトゥーン”がすごく面白そう。

任天堂新作ゲーム”スプラトゥーン”がすごく面白そう。








Splatoon(スプラトゥーン)


新品価格
¥5,254から
(2015/5/30 04:01時点)





おとといから、発売された任天堂公式(?)WiiUゲーム「スプラトゥーン」

斬新な絵柄。特に複雑なストーリーや操作が必要なわけではなさそうで、ルールが単純でわかりやすそう。久しぶりに、面白そうだなと思った。

 



発売されるにあたって「試射会」と題した体験版を遊べる機会が何度か提供され、その度にゲームサーバーがダウンするぐらいのたくさんの人が参加したという。僕はあいにくどの回にも参加できなかったのでYouTubeにあげられている実況動画をいくつか見てみた。やはりそこにはゲームソフト業界の大御所任天堂さんの工夫が鏤められていることに気がつく。

1ゲーム3分間という制限時間。インターネット対戦では4人×2チームの8人が一つのフィールドに入り、制限時間の3分間の中で、どれほど自分の領土を広げられるか(ペンキを塗れるか)というもの。この3分間という時間設定が非常によく考えられていると思う。LINE系ゲームのツムツムだったりポコパンと同じで"短時間で遊べる"、だから飽きないで、結果的に長期に渡って遊べる。

ルールは単純だけど、武器や装備品の組み合わせ次第で色々と条件や攻め方が変わるので一回ずつの対戦それぞれにドラマがあって見ているだけでも、とても楽しそうだな、と感じた。

ネット対戦が展開されるゲームではそれら武器や装備品のバランスを上手に調節しないと、差がものすごく開いてしまって面白くなくなってしまうことも多々あると思うけれど、このスプラトゥーンはよく調節できてると思う。

近所の店舗にはというと発売日当日にはもう売り切れてしまって無かったらしい(友人談)。Amazonは在庫切れになることもなく普通に販売しているので、こちらは相当数在庫確保されているみたい。製品版よりもダウンロードコード版のほうが数百円高いという。なんじゃそりゃ。

買ってみようかな。








Splatoon(スプラトゥーン)


新品価格
¥5,254から
(2015/5/30 04:01時点)



ぼくについて

KEU (けう)
京都に住む男子学生。ガジェット系レビューを中心に気ままに書いてます。新しいもの好き、とくにApple製品は大好物です。趣味はピアノを弾くこと、写真を撮ること、そして寝ることです。

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Facebook

Return Top