希有日記|Keu Blog

Canon iVis HF R62を購入しました。

Canon iVis HF R62を購入しました。

やっぱりCanon製に限るみたい。


二台ピアノ演奏を撮影するため、マルチカメラ用のサブ機としてCanonのiVis HS R62を購入しました。
お値段、約3万8000円ほどでした。

2台目カメラとして導入するので、画質はそこそこ綺麗だったらいいなと思っていたくらいで、特段Canonである必要性もなかったのですが、ヨドバシカメラに置いてあったビデオカメラを一通り目を通したら、やっぱりCanon製が一番いいことに気がついたんです。


MP4ファイル形式で撮れる事


一番、購入にあたって決め手となった事はこれです。やっぱりAVCHDファイル形式は非常に扱い辛い。あとは、僕が現在メインで使っている業務用ビデオカメラのXA20と同じCanon製なので、インターフェイスがほとんど同じで扱いやすいと感じた事、撮影フォーマットが圧縮方式を含め、非常に似ていたことなどが理由。

撮影フォーマットに関しては、XA20の旨みなのかと思いきや、全然そんなことはなくて、普通に民生用でも35Mbps/60FPSで撮影できる。Canonさんすごい...。

JVCだとかソニーであるとか、他にもいろんなメーカーあったけど、どれもMP4には対応していなさそうで、画質設定に独自規格(XLPとかXPとかだったかな)を採用していて今ひとつ違いが分かり難く数値での比較がしにくい。

ただ、一昔前のハンディカムとは違って、画素数がフルHDサイズ(1920×1080)に満たないなんてことはないだろうし、4万円弱くらいの価格帯のビデオカメラ同士を比較したところで画質はそんなにさほど変わらないように感じた。

あとは、ソニーのビデオカメラには空間式手ぶれ補正(レンズ自体が動いてブレを抑制する機能)があったり、パナソニックにはモニターの横にウェブカメラのようなものがついていてピクチャインピクチャみたいなことができるモデルとかあったけど、コンサートホールなどで三脚を据えて撮影する分にはどれも必要ない機能だと思ったので候補外に。

開封するよ〜。


IMG_5999

これが箱。XA20のときはこんなカラフルな箱じゃなかったのでなんだかこの感じが嬉しい。

IMG_6002

本体はびっくりするくらい小さいのです。店頭でも小さいとは思っていたのですが…。付属品はACアダプター、バッテリーパック、HDMIケーブルにUSBケーブル。シンプルながら十分。ACアダプターがコンパクトなのが非常によろしい。

IMG_6003

これが本体を開けた図。液晶はスマホと同じ静電式を採用していました。横についているボタンも電源と再生ボタンのみという大変簡素な感じ。分かり難いですがSDカードスロットがボタンの横にあります。まっすぐではなく斜めにささる仕様の模様。外部端子としてHDMI、USB、ヘッドホン端子、マイク端子が。

IMG_6007

XA20と並べてみた感じ。すごく可愛くみえますよね。重さも感覚でXA20の三分の一くらい。

比較動画、またアップしたいと思います。

ぼくについて

KEU (けう)
京都に住む男子学生。ガジェット系レビューを中心に気ままに書いてます。新しいもの好き、とくにApple製品は大好物です。趣味はピアノを弾くこと、写真を撮ること、そして寝ることです。

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Facebook

Return Top